情報・防災

・ ハザードマップ作成

 ため池ハザードマップは、「ため池台帳」や「受益者名簿」等、あるいは「表層地質図」や「地形分類図」整理し、ため池データベースを作成した後、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構が開発した「ため池氾濫解析システム」を用い、氾濫解析を行います。氾濫解析の結果をもとに、浸水想定区域及び浸水深、避難所、避難方法、避難の心得、緊急連絡先等を掲載したハザードマップを作成します。

○○○○○○○○イメージ

 

・ 砂防基礎調査

 土砂災害防止法に基づき指定される土砂災害警戒区域及び特別警戒区域のための調査を行います。調査に当たっては、一般財団法人砂防フロンティア整備推進機構が開発した「土砂災害警戒区域等設定支援システム」を用い行います。

 

・ 3Dデータ作成

 5mメッシュ標高データや実測データをもとに地形モデルを作成し、その上に道路や農地造成の設計データを重ね合わせ、完成予想の見える化を図ります。

○○○○○○○○イメージ